カテゴリー
自分の問題

実は内職の面接を受けた

今日の16時から研修と品物を持って帰るはずだったが断った。

内職をやろうと思ったのは「生活費の足し」「出金を抑えたい」から。

1年くらいまともに増えてる気がしない。ブログを始めて7か月。1.7倍くらいにはなったけど将来は自分の会社を閉めたい。トレードだけでは生活費が捻出できない。

不安を毎日感じてトレードしてる。ハッキリ言って精神的に疲れてる。だから「内職」とかの考えになったのかな。

トレードをするから家には毎日いる。トレードしてない時に内職でもやるか、という気持ちからだった。

今週の火曜に面接を受けて金曜に仕事を預けるということで、今日の16時に研修を受けて品物を持ち帰るはずだった。やってみたらハサミカッターニッパー2種類を使ってゴムのバリを取る作業だった。かなり神経を使う。バリだけを取って傷をつけてはいけないし。正直、研修を受けながら、

『神経使うし、疲れる・・・これじゃトレードに影響しちゃう。。。』

研修をしてくれたのは副社長で丁寧に教えてくれた。割の良い、1個80円の仕事をくれた。教えてもらって「じゃあやってみて」で1個仕上げたら、「上手だね」「あとはカットの回数を減らせれば楽にできるようになるよ」と褒めてまでくれるいい人だった。

3個目くらいの時に「これ仕上げて240円か・・・」「10個やって800円、100個やらないと8000円にならない・・」と考えだす。

『カネにならない』しかも結構、疲れる。。。

トレードに影響が出る、というかこの内職で疲れてると自分に言い訳をしそうで適当なトレードを増やす原因になりそうで怖い。それとどこかで感覚が狂って「内職で少しは収入が入ってくるから大丈夫」とか勘違いしそうなの弱弱しい自分を作業しながらわかった。

作業が終了する間際に、副社長が「できそうだから最初は10個くらい渡して出来をチェックするんだけど段ボール1箱預けようかな。納期に間に合わなさそうだったら連絡して。できるだけでいいからね。」と・・・

心の中で『言わなきゃ、言わなきゃ・・・』

ぽっちゃん) 「あの・・教えていただいてありがとうございました。私にはできません・・すみません、申し訳ないです。。。」

副社長) 「えっ・・・どうしたの⁉筋がいいよ。もったいないよ。じゃあ最初は10個だけ持って行ってやってみれば?」

ぽ) 「・・・・・・・・」

副) 「最初から内職やる感じには見えなかった。珍しいタイプだなって思ってたけどWワークでしょ??失礼だけど何の仕事をしているか聞いていい?」

ぽ) 「デイトレをしてます。あと不動産会社を経営してます。」

副) 「会社経営してるの!?なんで???コロナで業績でも悪くなっちゃったの??」

ぽ) 「おかげ様で、というか納税はしてます。」

副) 「そうなんだ・・・それでも内職をやろうと思ったんだ・・・。」

ぽ) 「研修を受けさせていただいて、自分にはできないと思いました。申し訳ございません。」

副) 「・・・・・・・」

ぽ) 「ここまで教えていただいたの本当に申し訳ございません。」

副) 「いいよいいよ。。仕方ないね。。この登録書なんだけど取っておいてもいい?」

ぽ) 「いいですよ。でも内職はできませんが。」

副) 「わかってるよwwwそれじゃあ、おつかれさま。」

ぽ) 「ありがとうございました。失礼します。」

で、帰ってきた。迷惑をかけてしまった罪悪感がすごい。とてもいい人たちだった。ああいう人に迷惑をかけたり傷つけちゃいけない。

でも作業をやりながら「トレードを頑張るしかない。」と思ってしまった。病んでたし、疲れてた。頭の中がカネカネカネ。。。

最近、思うようになったのはトレーダーが引退する時って、まず爆損して退場。証券会社時代に散々見てきた。「本当に資産って朝9時に10億円あったのが15時にマイナスなるんだ・・」って思ったな。

その次が自分のパターンで資産が横バイが続いてしまう時。コツコツドカンのくり返し。「いつまでやるんだろう、全然増えない、増えた、減った、あーぁ・・」この無限ループ。

とてもいい人たちだった内職の会社の人達が幸せになれますように。陰ながら心から祈ってます。

それと今の情けない自分に「私も手伝う」と言ってくれた、前向きな言葉をくれる嫁にも心から感謝したい。

いつもありがとう。感謝してます。

//////////////////////////////////////////////////////////

あと40分で雇用統計だな。。。

作成者: pottyan

既婚アラフォー男のぽっちゃんです。株とFXのデイトレを両方やります。毎日やってます。今後は損切りしながら収益をプラスにすることが目標です。
2020年12月現在の資産推移はヨコヨコでした。
よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です